任意売却相談の不動産 注意点

これまでのことから、もしも任意売却を視野にいれた場合、実際任意売却をするにあたっての注意する点がいくつかあります。 まず、連帯保証人の有無です。連帯保証人がいた場合、更には、保証人が返済できる資金力があった場合、もちろんですがまず売却処分の前に債権者は保証人への返済を求めます。この際には債権者との十分な話し合いが必要となります。 また、任意売却する際には共有者すべての同意が必要となります。その為、共有者と常に連絡がとれる状態であることは必須です。例えば行方不明者がいたり、音信不通になってる場合は任意売却ができません。

任意売却 相談 デメリット メリット

ここまででは、任意売却のメリットは何となくつかめたと思いますが、ここにまとめてみたいと思います。 ・ 競売よりも高く売れる
・ 残債務がより少なくなる
・ 早期に・多額に返済するので、残債務について金融機関が柔軟な対応をしてくれる。 
・ 手数料は原則かからない
・ 債権者より便宜を図ってもらえるかもしれない
・ 購入者と話し合いができるので、引っ越し時期など融通が利く
  以上がメリットですが、デメリットもあります。 ・ 3ヶ月以上滞納してない場合には、まだブラックリストに載っていないのですが、任意売却をする時は確実にブラックリストにのります。そして、任意売却の最大のデメリットは、面倒くささにあります。競売は一旦委託したら任せっきりで良いのですが、任意売却の場合は物件に興味を持った人などが突然見学に来たりしますので、予定が入っていた場合などは冠婚葬祭などを除き、大体は都合をつけなくてはなりません。

Copyright © 2010. All rights reserved. 任意売却相談の不動産.