任意売却相談の不動産 違い

任意売却、競売のいずれも不動産を売却できたからといって終わりではなく売却処分した金額では足りない部分、残った債務をその後も支払っていかなくてはいけません。これについて、任意売却の場合、一般の市場で販売がおこなわれるため、金融機関にとっては不動産競売よりも、融資金の回収が多く見込めるメリットがあります。その分、融資をうけた側にとっても、その後の残債務の返済が楽になります、また回収金額が少しでも多く望めることから、その後の返済について柔軟な対応を期待できるといったメリットが生じます。これに比べ、競売の場合は100万円近くの費用がかかるうえに任意売却よりも回収額が低いというデメリットがあります。やっと手に入れたマイホーム、手放すことはとても勇気がいることだと思いますが、こういったメリットデメリットをきちんと考慮し、早めに決断することが今後の人生をよりよい充実したものにするためにもとても大切なことではないでしょうか?

任意売却 相談 条件

では実際任意売却をしようと思ったら、条件に適合しているかどうかが円満に処理を進める秘訣です。
・ 共有名義人が居る場合には、その共有者と連絡が取れること。
・ 賃貸中など以外は、内覧・内見が出来ること。
・ 常に連絡が取れること。 
任意売却を考えるほどなので、常に連絡をとれるようにするというのは、簡単なようで難しい条件かも知れません。 そして、任意売却が出来る人の条件というのも決まっています。誰しもが任意売却出来るワケではありません。その条件とは、ローン残金を滞納していること、連帯保証人全員の同意が取れていることこの2点は必須となります。

Copyright © 2010. All rights reserved. 任意売却相談の不動産.